topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WonderflからFacebookへのうさんくさい投稿機能実験 - 2011.07.10 Sun

タイトルにあるようにWonderflからFacebookにメッセージを投稿できないか試してみました。

以下のプログラムになります。 
うさんくさい感じのFacebook投稿機能

結局、タイトルにあるようにWonderflとの連携的にはいろいろとうさんくさくなりましたが、連携のために作成した(Wonderflプログラムから呼び出される)Facebook投稿用Javascriptの部分が思いのほかまともに動いてくれたので備忘録的に記録しておきます。
(↑ポップアップ機能を許可したFirefoxを使用したテストでの確認)

その投稿用Javascriptを置いているHPサイトです→ facebookTest
以前にこのブログエントリでのFacebook作業でも使用していたHPサイトです。 
現在はこのHPサイトを自分のFacebookアプリとして登録しているので、最近の自分のFacebook関連作業はここに集中してしまっています。 なので、今後もこのHPサイト上でのFacebook作業が重なっていくにつれて、見るに耐えないHTML&Javascriptのソースコードとなっていくと思われるので、今のうちに&まだ見れるうちに区分け・切りだして記録しておこうと考えた次第です。。。

で、以下がその切り出したソースコードです。

1、上記にも出てきた、以前のブログエントリ関連のActionscript3.0とJavascriptを切り出したものです
Facebook投稿機能を実装したActionscript3.0ソースと、そのソースによるクラスを呼び出すJavascript

2、今回作業を行ったJavascriptを切り出したものです
今回作業のWonderflプログラムから呼び出される、Facebookログイン・投稿機能を実装したJavascript
機能的には、呼び出し元のWonderflプログラムのURLを確認後、Facebookへのログインを確認してログインしていなければ促し、そうでなければ(ログインしていれば)、指定された文字列(今回作業ではWonderflプログラムから渡されてくるURLパラメータ)をFacebookに投稿する、というものです。
ここからさらに編集すれば、ソースコード途中にテキスト入力機能や確認ダイアログなどの挿入もうまくできるかも。 自分のイメージでは、とりあえずゲーム得点のFacebook上での投稿&共有といった機能であればサクっとできそうな気がします。

今回の作業のために以下サイトを参考にさせていただきました。
JavaScriptでお手軽にFacebookのアプリを作る
Facebook API Graph:自動的に投稿する。
GET送信によるパラメータの受け渡し

ん、なんか書いてるうちに今回のブログタイトルとブログの内容がずれてきたような気が。。。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oretaikan.blog20.fc2.com/tb.php/335-42bcaaf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

jsdo.itでJavascriptのCanvas練習してみました «  | BLOG TOP |  » Papervision3Dでかるい3Dエディターっぽいのが出来ないか試してみました、のつづきです

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。