topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにぼつぼつと経済学について調べ2 - 2009.08.12 Wed

前回エントリ続きです。
まず経済学のおもいっきり概要。
これまでの経済学のおおまかな流れです。

古典派経済学(含む新古典派経済学)

ケインズ経済学

古典派経済学

ケインズ経済学

今後はバランスよく混合?

かなり前に一度まとめてみた
経済の勉強をぼつぼつと
経済の勉強をぼつぼつと2
では古典派経済学と新古典派経済学を分けて時代・順番もケインズ経済学をはさんで別としていましたが、どちらもケインズ経済学発展前に成立したもののよう。  今後は詳細について書く場合以外はまとめて古典派経済学とします。

で考え方も超概要で
・古典派経済学 - 競争あるのみ
・ケインズ経済学 - 競争の修正もあり
となります。

もうちょっと加えると
・古典派経済学 - 民間による競争あるのみ
・ケインズ経済学 - 政府による競争の修正もあり
かな。

時代背景はめっさ概要でいうと

古典派経済学  産業革命以降

ケインズ経済学 第二次世界大戦の前後以降

古典派経済学  「レーガン」「サッチャー」政権以降

ケインズ経済学 オバマ大統領のグリーンニューディール

今後はバランスよく混合?

 「レーガン」「サッチャー」以降の古典派経済学の実践は最近新自由主義やネオリベラリズム(略してネオリベとも)といわれているよう。  日本では中曽根・小泉政権がその実践者として有名。  民営化派は古典派経済学的で新自由主義かな。  古典派経済学は小さな政府で規制撤廃、ケインズ経済学は大きな政府で規制拡大がお好き。  基本的にアメリカの共和党は古典派経済学的で企業より、民主党はケインズ経済学的で労働者より?  民主党でもクリントン政権みたいに経済好調なら古典派経済学的にも進む場合ありか。  子ブッシュ政権が古典派経済学・新自由主義の極み?  
 
 最近では、オバマ政権はケインズ主義で公共投資で有効需要創出派(環境産業イノベーション付き)。  日本でも麻生政権による最近の補正予算がケインズ主義(土木あり農業あり環境ありetc...)。  基本的にはケインズ主義的な公共投資・有効需要創出は不景気時の一時しのぎ的なもの。  これからはそれに加えてイノベーション促進の考慮も必要?(例:環境産業発展のための環境減税や補助金)

 小泉政権後は自民党が古典派経済学的・企業よりで、民主党がケインズ経済学的・労働者よりなイメージ(自民党は時勢に合わせてどちらでもというイメージもある。。。)。  あと、古典派経済学的なほうが保守とよばれて、ケインズ経済学的なほうがリベラルとよばれるイメージだけど、あってる???

 最後に少々経済学と現実の出来事を関連付けてみましたが、今回はとりあえずこんなところで。  今後は経済学的なことをより細かく掘り下げてみる予定です。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oretaikan.blog20.fc2.com/tb.php/304-611d7e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

siouxcitizen名義に変更しました «  | BLOG TOP |  » 久しぶりにぼつぼつと経済学について調べ

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。