topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google App EngineとFacebook - 2009.07.27 Mon

 前回ブログエントリのつづきで今回はGoogle App Engine(GAE)によるアプリケーションをFacebookのアプリケーションとして登録できないか実験してみました。  GAEによるアプリケーションはまた文字列を表示するだけのものです。  「Hello, My First Facebook Demo!」という文字列。  ちょっと意味がおかしい気もするけど。。。

 その文字列表示GAEアプリケーションを「Facebook Developers」のページでFacebook用アプリケーションとして登録するとフツーに文字列表示されました。  以上終わり。。。  予想していたよりもかなり簡単に登録できてしまいました。  メインの作業はFacebook上でFacebookアプリとしてアクセスするためのURLと、そのアプリのために実際のGAE上アプリを呼び出すCallbackURLを登録することです。  まだ(公開可能な?)正式な登録とはなってないっぽいですが(審査必要?)、Facebookアプリとしてはこれだけで動くようになりました。  そもそも(自分の古い携帯のせいで?)mixiでの開発者登録がうまくいかなかったのでFacebookでいろいろ実験していたのですが、Facebookではかなり簡単にアプリ動かすところまで進めました。  今後はGAEにFlashプログラムなんかものせてFacebookアプリとして機能させることができるか試してみたい。

ちなみに今回の文字列表示GAEアプリのURLは以下となります。
今回のGAEアプリ
Facebookのアプリも同じように文字列が表示されるだけのものです。

今のところ全部タダ環境でできている。  どこまでタダ環境貫けるかな~。



参考URL
Facebook Developers: Get Started 
Facebookでは紹介や携帯番号入力など必要なしで登録できました。  一般ユーザーとしても開発者としても。

第13回 速報!Facebookアプリケーション開発(入門編)
Railsでゼロから作るFacebookアプリ開発 
上記2サイトはFacebook開発をはじめるにあたって一番参考にしたサイトです。  PerlやRuby on Railsよくわからない、登録画面はこの頃と変わっているとかありましたが、いろいろと参考になりました。  
Facebook Application の作り方
↑ついでにPHPの場合も。  実際はPHPによるFacebook開発が一番多い???

Facebookアプリケーション事始
Google App Engineで始めるFacebookアプリケーション(準備)
上記2サイトの情報は今後Pythonでより複雑な処理を書いていくのに参考になりそうです。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oretaikan.blog20.fc2.com/tb.php/301-5a6d77ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitterはじめました «  | BLOG TOP |  » いまさらGoogle App Engine使ってみました

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。