topimage

2018-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wonderfl実験7 - 2009.03.27 Fri

 前回のWonderfl実験をもとにして、移動する操作オブジェクトとそれについていく3D用カメラの機能を作りました。  そのカメラの追跡機能のために昔なつかしの三角関数などを思い出したりしていて、かなりてこずりました。  こんなところで昔習った数学の知識が役立つとは。。。  「3Dゲームが作れるぞ」と動機付けされていたら、もっと数学や物理をまじめに勉強してたかもしれません。

参考にしたサイト
カメラ視点について参考にしたサイト
三角関数について参考にしたサイト

← →またはA、Dで方向決定、↑またはWで前進、↓またはSで後退
VボタンでY軸に沿ってカメラ視点を変更 Vボタンを押し続けると元の視点に戻ります

Papervision3DTest07 :操作オブジェクトを追尾するカメラ - wonderfl build flash online


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oretaikan.blog20.fc2.com/tb.php/255-ba2db2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミニノート物色中です9 «  | BLOG TOP |  » Wonderfl実験6

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。