topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近日記 - 2008.08.22 Fri

 「鋼の錬金術師」の最新刊が出ていたので購入しました。 だんだんクライマックスに近づいてきているようです。 アニメも新しく製作されるようです。 アルパッドも*ちょっと欲しい。。。 

 PSPの新型モデル「PSP-3000」が十月から発売されるようです。 現在最新の機種PSP-2000にマイクの機能がついたもののようです。 Skypeが使いやすくなるのでしょうか? 画質も向上するようです。 自分の使っているPSP-1000がどんどん型落ちしていく。。。 あと、FONを使用した無線LANスポットなども増えて、ネットへアクセスする選択肢も増えそうです。 もうどうせなら、携帯ゲーム機+携帯電話+スマートフォン の機能を持つ端末にしてほしいです。
 PS3でもHDD160GByteの機種が発売されるようです。 もうどうせなら、キーボードとマウスつけた上、Linuxやそれに近い機能のOSを入れて、ミニノート並みの安いパソコンと同程度の機能も取り込んでほしいです。 家でテレビに接続して使える安いパソコン兼ゲーム機といったイメージです。

 青木昌彦著『私の履歴書 人生越境ゲーム』を読みました。 著者は「比較制度分析」という経済学の分野のすごい人のようです。 日経新聞に連載されていた頃ちょくちょく読んで興味をもっていたので買ってみました。 学生運動(ブント?)から経済学者へ、という変遷も読んでいて興味深かったです。
 学生運動(ブント設立等)と経済学者(経済制度デザイナー?)としての活動が、個人の情熱や能力を(有効かつ生産的に)媒介する組織なり経済システムなりを設計するという面でつながっている、という部分が自分には印象的でした。 著者にはいろいろな制度の比較分析の上、よりよいイケてる経済システム設計を期待致します。
 自分はこの本を読んで、経済学は、古典派経済学(&新古典派経済学)→ケインズ経済学→新古典派経済学、の流れの後に最近の「行動経済学」や「情報の非対称性」で人は新古典派的に完全な合理的判断は難しいと考えるようになって、それを前提にしてさらに「ゲーム理論」等を含みつつよりよい「比較制度分析(制度設計?)」を追求するようになってきているのかと感じました。  
 あと本の中で、よりよい制度設計のための社会のなりたちや人自身の理解のために人文、歴史、法律等ほとんど文系科目全部含んだような超学際的な研究分野に向かっているのも興味深い部分でした。 最後のほうでは、今後の日本の指針のひとつとして環境分野技術への強化・特化などについても主張されてました。
 そ~いえば、今日の日経新聞にも環境技術等の開発促進のための新しい組織(会社?)制度に関する法律について1面記事になってたな~。 こ~ゆうのが実践???
 
 『私の履歴書 人生越境ゲーム』を読んでしまったので、ケインズ後の新古典派経済学(≒新自由主義)のフリードマンが抜けてしまった。 だんだん予定していなかった新書以外の読書が増えてしまうけれど「最強の経済学者ミルトン・フリードマン」も読んでおこうかな~と迷い中です。 自分としては、これで経済学の一通りの流れをみたことになる予定です。

 いすんよぷ、なぜそこで打つ。。。 まぁ、本来のチームで打たれた場合も贔屓チームが違うのでうれしくないのですが。。。

*アルパッド 主人公の弟アルフォンス(鎧)のデフォルメ画をマウスパッドにしたものです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oretaikan.blog20.fc2.com/tb.php/162-289720e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

太陽発電 «  | BLOG TOP |  » 水の落ちる絵

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。