topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近日記 - 2008.08.17 Sun

 先週のお盆1週間はダメダメ人間でした。 キリンの「氷結」を飲み続けていた記憶ぐらいしかありません。 当然簿記の勉強もほぼ氷結(凍結)状態でした。 ←寒い???
 
 で、簿記テキスト2冊目の半分ぐらいまで読み終わりました。 そのテキストに出てきた単語「転換社債型新株予約権付社債」の長さがやけに記憶に残ります。 英語だとCB(Convertible Bond)となりすっきりです。 新聞などで見かけるMSCBって翻訳したら、「上方(下方)修正条項付転換社債型新株予約権付社債」となるのでしょうか。 長すぎです。。。 
 ちなみにMSCBはMoving Strike Convertible Bondの略です。 「Moving Strike」といった響きがなにやらかっこよく聞こえます。。。
 まぁ、自分のなかでは漢字名のほうは読み込めば意味が伝わってくる名前ということにしています。

 簿記勉強の合間に少しづつ読んでいた、ちくま新書の「ケインズ―時代と経済学」を読み終わりました。 経済関係の新書をいくつか読んだ後でしたが、けっこう読みすすめるのが苦しかったです。 それら経済新書と整合性を保とうと読んだからかな~? 
 内容は歴史的出来事とからめてケインズが経済についての考えをどのように発展させていったかが書かれています。 ケインズの考えの背景となる実際の出来事や世界情勢についても書かれているので理解を助けてくれます。 肝心の最後の「一般理論」以降の説明には完全にはついていけませんでしたが。。。
 これでアダムスミスとケインズは読んだことにして、次はフリードマンの本といきたいですがまだお安いフリードマン関連新書はでていないようです。 フリードマン情報はネット上で収集になるかな~。 この三人がそろうと古典派経済学→ケインズ経済学→新古典派経済学(≒最近の新自由主義)、とおおまかな近現代の経済学の流れを見ることができると思い読書中です。*
 なにかの本で経済学はおおまかに新古典派経済学、ケインズ経済学、ファイナンスの3分野に分けられるとありました。 経済新書の著者の方も経済と金融の両方の本を書いていたりします。 金融が専門の経済学者さんなどもチラホラ。 なぜ経済学は実際の産業でなくそんなにも金融との結びつきばかりが強いのかと思っていました。 この本の中では、マクロ経済を作ったケインズがそもそも貨幣や金融の専門家で、「一般理論」までは主に貨幣・金融についての著作多数で、そういった貨幣・金融の研究の流れの中で「一般理論」に辿りついたように描かれています。 だから経済と金融はよくセットになるんだな~と妙に納得してしまいました。
 本の一番最後に、ケインズの孫の世代にみんな豊かになった時、金持ちによくみられる倦怠に対抗するものは「芸術」と「書物」であるといったのが印象的でした。 ちなみに自分は学生の頃の経験から、「芸術」は鑑賞するよりも作るほうが、「書物」は読んだ後に自分の考えをリサーチペーパーにまとめるほうが没頭できるかと思います。 まぁ、「孫の世代(現代)にみんな豊か」がそもそも微妙ですが。。。
 
 お盆期間中は誘惑に負けて久しぶりにモンスターハンターポータブル2ndGをプレイしました。 「ラージャン」という怒ったら見た目が金獅子チックになるモンスターを初めて倒しました。 「ティガレックス」という見た目ティラノサウルスのようなモンスターも狩り続けて防具の素材集めをしました。 「ティガレックス」素材でできる防具がゴールドセイントのクロスみたいなのでけっこう燃えました。
 数日前立ち寄ったツタヤで、ファンタシースターポーブル、ガンダムバトルユニバース、ゴッドオブウォーが発売されていました。 う~ん欲しい。 が、今は買えない。 買ったらいろいろなことがオワテしまう。。。

 GIGAZINEの新世界について記事を見ていたら大阪へ非常に行きたくなりました。 とりあえず今は行けそうにもないので妄想で計画だけ立ててみました。 
 まず大阪へ行く。 天王寺近くの動物園前駅周辺の安宿に宿泊。 そこから歩いて新世界へ。 さらに北へ北へ。 難波、心斎橋、梅田へ。 梅田駅周辺でウロウロしてから、さらに大阪城周辺へ。 そこから電車で天王寺へ戻る。 予定では、かつて一瞬住んでいた大阪でよく行った梅田や京橋などを懐かしく感じる(ハズ)。 移動の基本はウォーキングの予定です。 このブログの時よりは短い距離のはず。 週末だけでいけるかな~??? 
参考リンク: 大阪の下町、通天閣がある新世界に行ってきました
参考リンク: 大阪の新世界で串カツを山のように食べてきました

 北京五輪、北島強い。

*新古典派経済学の成立自体は古典派経済学とケインズ経済学の間のようです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oretaikan.blog20.fc2.com/tb.php/159-675d9fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AzPainterで水彩画 «  | BLOG TOP |  » 最近日記

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。