topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済の勉強をぼつぼつと2 - 2008.05.23 Fri

 途中でフラフラになって中断してしまった前回のブログの続きです。

それぞれの経済学派の実際の政治・経済との関連は以下のような感じでしょうか。。。

古典学派: 産業革命から第二次世界大戦前後まで、 合言葉はレッセ・フェール(自由放任主義)

ケインズ学派: ルーズベルトのニューディール政策、日本の公共投資、 合言葉は公共投資

新古典学派: サッチャリズム、レーガノミクス、小泉改革、 合言葉は小さな政府

以後は新古典学派(新自由主義)主導で今に至っているようです。 (民主党なのに)クリントンやルービンやサマーズやグリーンスパンやブッシュや。。。。

以上は資本主義についてでしたが、もう1つマルクスやレーニンで有名な社会主義・共産主義もあります。 また、市場経済を認め、議会政治を通して、経済・社会的公正や平等をめざす社会民主主義といった立場もあるようです。 
自分としては、今の世の中は全くもって新自由主義の天下のように感じますが。。。

以上で現在の自分の理解の範囲内での経済学派大雑把まとめでした。

あぁ、そういえば例の経済関連新書が全然読み進まないなぁ。。。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oretaikan.blog20.fc2.com/tb.php/113-1c673a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近日記 «  | BLOG TOP |  » 経済の勉強をぼつぼつと

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。