topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済の勉強をぼつぼつと - 2008.05.22 Thu

 歴史本の読書は一段落したので本命の経済関連の新書を読み始めました。 新書なのになかなか読み進められない。。。 1章からGDPにGNP、供給曲線に需要曲線等々、ム、ムズイ。。。 本当に理解しながら読み進められているか心配になってきました。。。

 本日立ち寄った本屋でみかけた経済本に経済学の系譜?が大雑把にですがのってました。 自分でそれをさらに大雑把にしてみました。

古典学派

ケインズ学派

新古典学派

以上です。 名前から勝手に連想して、古いのか新しいのか、そもそも古いのしかないのか、とよくわかっていませんでしたが、おおよそこのような流れのようです。 
またそれぞれの学派にさらに大雑把な説明をつけてみると。。。

古典学派: 競争あるのみ

ケインズ学派: 競争あるのみでなくて、*調子悪いときは*助け舟あり 

新古典学派: 助け舟にお金がかかるので、やっぱり競争あるのみ

*調子悪いとき: 不景気とか
*助け舟: 政府財政支出による需要創出とか

先に出てきた新書によると現在は長期的には古典学派で、短期的にはケインズ学派の考えで経済を見ているようです。 長期的に問題ないかぎりは競争、短期的にあまりに調子悪いときは助け舟ということのようです。

主観ですが、それぞれ学派の一番有名と思われる学者?を関連付けてみると。。。

古典学派: アダム・スミス

ケインズ学派: ジョン・メイナード・ケインズ

新古典学派: ミルトン・フリードマン

あと古典学派は自由主義、新古典学派は新自由主義とほぼ同じ意味(考え?)のようです。 ←これ個人的には長い間もやもやしていたことなので、かなりスッキリ。

なれない事をまとめているせいなのか頭がフラフラしてきました。 続きはまた今度にします。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oretaikan.blog20.fc2.com/tb.php/112-4ecbe685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

経済の勉強をぼつぼつと2 «  | BLOG TOP |  » 最近日記

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。