topimage

2011-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのホームページ更新 - 2011.01.17 Mon

最近何ヶ月分かのWonderfl投稿コードを、自分の物置ホームページで以下のようにいくつかのプログラミングリストにしてまとめてみました。

Wonderflに投稿したActionscript3.0による3D冬っぽい何か
Wonderflに投稿したActionscript3.0とTwitterとの連携の練習
Wonderflに投稿した、Actionscript3.0による3Dゲーム制作過程 つづき

上記のようなリストをまとめたページ自体もリストが増えてごちゃごちゃしてきたので、少し分類分け&レイアウト変えてみました。
Wonderfl投稿Actionscript3(AS3)プログラミング

ついでにホームページのトップページも、このブログや、使用しているTwitterやYoutubeのアカウントへのリンクが表示されるように変更しました。
Siouxcitizen's Site

久しぶりのホームページ更新となりました。
スポンサーサイト

FlashからFacebook API使用のテスト - 2011.01.15 Sat

こちらの
そろそろFlashからFacebookできるようになっておこうぜ vol.1 設定編
そろそろFlashからFacebookできるようになっておこうぜ vol.2 AS&JS編
そろそろFlashからFacebookできるようになっておこうぜ vol.3 認証編
3サイトを参考にさせてもらって、Actionscript3.0プログラミングによるFlashからFacebookへのアクセス・API操作のテストを行ってみました。 前に自分でFacebook APIを使用してみようとしたときは、まったく動きませんでしたが、上記3サイトを参考に今回はAPIを使用することが出来ました。 
(*注 全体に公開する?App Directoryへの登録は行っていないので、自分だけがFacebook APIが操作できている状態かもしれません)

実験してみた自分のHPサイトは Actionscript3.0 to Facebook です。 セキュリティとかプログラミングの作法とか考えてないかなりテキトーなものですが(いろいろまずそうなら削除するかも。。。)。。。 とりあえず動きました。 Facebookからの友達リスト取得は上記3サイトを参考にして行い、更新系操作ではURLRequest等々を使いメッセージをFacebookにポストしています。

P.S.
上記の実装作業後に、Twitterで正しいメッセージポスト用のFacebook APIの呼び出し方を教えていただいたので、今後それらを反映したソースに変更するかもしれません。

2011/01/17追記
追記です。
上記P.S.で書いていた、教えて頂いたメッセージポスト用のFacebook APIのコードを反映しました。 反映したページは上記と同じ Actionscript3.0 to Facebook です。 あと、上記のURLRequestによるメッセージポスト機能のコードもFacebook APIを使用した場合と比較できるかと思い残しています。

WonderflとPapervision3Dで冬っぽいなにかを作ってみました、のつづきです - 2011.01.11 Tue

 このエントリのつづきで、もう1つ冬っぽいものを3Dで表現できないかと以下のコードを作成してWonderflに投稿してみました。 このエントリでハリボテクリスマスツリーを3D表現したものより、「降る雪」が強調されているもののほうが某先輩に評価されたので、さらに拡張して少しエディタっぽくできないかと試してみたものです。

Winter05 少々エディターっぽくできないか試してみました - wonderfl build flash online

WonderflでBase64形式データを使ってテクスチャ付き3Dモデル読み込んでみました - 2011.01.08 Sat

 これまでこのエントリこのエントリで、Flashで3Dモデルを読み込むプログラミングを行っていましたが、Firefox以外のブラウザではなぜかうまく読み込めませんでした。 それを改善してFirefox以外のブラウザでも3Dモデルが正常に表示できるようにと、Base64というデータ形式を使って3Dモデルを読み込むように修正してみました。 結果、Firefox以外でもChromeとIEで3Dモデルが表示できるようになりました。 確認してませんが、Flashをインストールすればその他のブラウザでもおそらく動くかと思います。 以下は、そのBase64形式による3Dモデル表示までの過程のコードをWonderflに投稿したものです。

まず最初に、テクスチャ付き3DモデルをBase64形式で単純に読み込むだけのものです。

Collada オブジェクトとそれにあてるテクスチャを Base64 で埋め込む。 - wonderfl build flash online



以下2つは上記本文でも書いている、Firefoxでしか表示できなかったこのエントリこのエントリのコードの3Dモデル読み込み部分をBase64形式で行ったものです。 

以前作成コードのUV付き3Dモデル読込をBase64形式で行ってみました01 - wonderfl build flash online



以前作成コードのUV付き3Dモデル読込をBase64形式で行ってみました02 - wonderfl build flash online



参考リンク

1、今回の実装で参考にさせてもらったWonderflコードです(最初のWonderfl投稿コードのFork・Copy元です)。
Collada オブジェクトとそれにあてるテクスチャを Base64 で埋め込む。

2、DAE・JPEGファイルのBase64へのエンコードのために使用させて頂いたWonderflコードです。
Base64Encoder

3、2つ以上のJPEG画像によるテクスチャをDAEデータに貼り付けるために以下サイト(英語)も参考にしました。
Collada MaterialsList Problem (PaperVision3D)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。