topimage

2010-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WonderflでPapervision3Dによる3DオブジェクトにBitmap画像を貼りつけ - 2010.07.31 Sat

 タイトルにあるとおり、Papervision3Dによる3DオブジェクトにBitmap画像を貼りつけてWonderflに投稿しました。

 Papervision3Dで作成した3DオブジェクトにBitmap画像を貼り付ける作業は、以前にもWonderfl上で行なおうとして全くできなかった作業です。

 今回は、Wonderf上にすでに公開されている、ためになる多くのコードを参考にさせてもらって、どうにかBitmap貼りつけ作業を行うことができました。 

で、最終成果物は以下となります。
Bitmap練習05:Bitmapデータの3DPlaneオブジェクトへの貼りつけ - wonderfl build flash online


 ちなみに今回投稿したコードはWonderflにあった以下のコードを目標にしたものです。 目標にしてから1年ぐらいかかってる気がしますが。。。
[Alternativa3D] Wonderfl Quest 3D

 あと、長い間の目標を(少しだけ?)達成できたので、調子に&勢いにのって、これまでの自分のWonderfl投稿コードのまとめ的なものも修正・更新して自分のHPサイトにアップロードしてみました。
・まとめごとの個別ページへのリンクは
AS3とPapervision3Dで3DにBitmap貼りつけ
AS3とPapervision3DとSiONでゲーム作成
AS3とPapervision3Dでゲーム作成
AS3とPapervision3DとBlenderで3D「のまねこ」
AS3とPapervision3Dで3Dサクラ
AS3でボタン機能
AS3でMXML
AS3とPapervision3Dで3D
となります。

・それらリンクのインデックス的なページは
Actionscript3
となります。

・ちなみにサイト自体のインデックス(トップページ)は
Siouxcitizen's Site
です。

今後は、とりあえず今回のように3DにBitmap画像を貼り付けるノリで見た目をごまかし?つつ、RPG的な戦闘機能なんかを追加できないかと考え中です(考えたまま終了する可能性もありですが。。。)。 
スポンサーサイト

FacebookのLikeボタン機能実験 - 2010.07.14 Wed

 Facebookの「Likeボタン」機能の実験をしてみました。 「Likeボタン」貼り付け用コードをFacebookより取得して、下記のように貼り付けてみました。



 ここで「URL to Like」項目に「Likeボタン」貼り付け対象(ページ単位?サイト単位?)のURLを設定して、下のほうにある「Get Code」ボタンを押下すると「Likeボタン」を貼り付けるためのコードが生成されました。 ちなみに「URL to Like」項目以外(レイアウト系?)は必要でなければデフォルト設定でよさそう。 最後にそのコードを貼り付ければ、上記にあるように「Likeボタン」を貼り付けることができました。 生成されたコードにはiframeのものとXFBMLのものがありましたが、自分はiframeのコードを使用しました(XFBMLのコードは別途JavaScript SDKが必要になるようです)。 「Likeボタン」、日本語表示では「いいねボタン」になるようです。

 張り付け後、実際にFacebookへのログイン状態で「Likeボタン」を押下してやると
”○○○さんがoretaikan.blog20.fc2.comのSiouxcitizen's Blog FaceookのLikeボタン機能実験について「いいね!」と言っています。”
というメッセージつきでFacebook上にLike状態?が表示されるようになっているようでした。 タイトルはtitleタグから勝手に取得してきてくれる? ちなみに「Likeボタン」は押すたびにONとOFFの状態が切り替わるようです。

 これで、誰かに「Likeボタン」が押下された場合、その誰かのFacebook上のTLや掲示板を見ている「友達」にも「Likeボタン」の対象サイトが紹介されるという感じなんかな?

 まだよくわかってない感じですが、とりあえず今回のFacebook実験はここまでにしておきます。 今後もFacebookいろいろと試してみよう。

Wonderflで、Papervision3Dをつかった3DゲームっぽいのにSiONで音付け - 2010.07.06 Tue

前回エントリのWonderflによるSiON実験で作成したSE音&BGM再生機能を、前々回エントリのWonderflとPapervision3Dによる3Dゲームもどきに取り込んでみました。 以下、その3DゲームもどきによるSE音&BGM取り込みの成果物をWonderflに投稿したものです。

・まずSiONによるSE音だけが鳴るようにしたものです。 
自分のSiONDriver使用法が間違ってるのか攻撃弾(とそのSE音)がいくつか出た後に処理が遅くなるっぽいです。。。 
前回ソースからSiONによるバトル画面SE音を追加しました - wonderfl build flash online


・次にSiONでBGMも鳴るようにしたものです。 
画面が切り替わるごとのBGM用SiONDriverへのストップ処理がうまく何かにリセットをかけてくれているのか、上記のSE音だけの場合より処理が軽いような気がします(気のせいかもしれません。。。)。 前回エントリに書いていたように「のま村」用BGMは使用せず。。。
前回ソースからSiONによるBGMを追加してみました - wonderfl build flash online


予定していたソースコードの整理整頓はまたできず。。。 自分でももうコード読むのツライ。。。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。