topimage

2009-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリエ - 2009.03.29 Sun

 「ヒストリエ」という漫画の5巻が出ていたので買ってきて読みました。  面白かったです。  前に買った「ヒストリエ」も読み直してしまいました。  作者はやはりかなりのストーリーテラーだと思いました。  そして、そんな画力が高いようには見えない(すいません。。。)絵柄がなんとなく納得感あったりして不思議です。  コワイ顔つきが「寄生獣」の時と同じような感じでなんとく納得のコワイ感出している絵柄が自分的には好きです。。。  あと「ヒストリエ」は話(連載)の進むスピードが遅いことがたまにキズでしょうか。  時代考証なんかに時間・手間がかかる?  5巻でたばかりでなんですが、「ヒストリエ」の6巻も今から楽しみです。

 あと、ついでに同じ作者の「寄生獣」「雪の峠・剣の舞」も面白かったです。

スポンサーサイト

最近のイーモバイル - 2009.03.28 Sat

 そういえば最近自分の使っているイーモバイル端末の調子がすこぶるいい気がする。  去年の年末から今年の年始ぐらいにかけては「遅すぎるぞー」とよく一人でうなってた気がするけど、最近そうゆうこと言った記憶がない。  イーモバイルの契約が増えたから通信施設増強した?  UQコミュニケーションズがより安く・速くの無線通信サービスを立ち上げつつあるから対抗している?  まぁ、どのような経緯にしろネット通信が快適になってきてうれしい限りです。

ミニノート物色中です9 - 2009.03.28 Sat

 もうミニノート買ってしまいましたが、まだミニノート物色してます。  今買うなら自分は「Eee PC 1000HE」を買うと思います。  前回の物色のものより微妙にキーピッチの改善やバッテリの改善が行われています。  そして返す返すも、自分が買ったときと同じ値段なのにこっちはOffice付き。  羨まし過ぎる。  今度買い換えるときは必ずOffice付き買います(←Excelが欲しい)、5年後ぐらいに。。。  次こそはミスらないようにミニノート物色を続けるという大義名分にしておきます。

参考リンク
標準バッテリで約9.3時間駆動--ASUSTeK、「Eee PC 1000HE」を日本市場向けに発売
ASUS、Atom 280搭載の「Eee PC 1000HE」 - Eee PC最高のバッテリ時間を実現
ASUSTeK、9.3時間駆動の10型ネットブック「Eee PC 1000HE」
新Eee PCは連続9.3時間駆動、4万7800円 Office搭載モデルも

Wonderfl実験7 - 2009.03.27 Fri

 前回のWonderfl実験をもとにして、移動する操作オブジェクトとそれについていく3D用カメラの機能を作りました。  そのカメラの追跡機能のために昔なつかしの三角関数などを思い出したりしていて、かなりてこずりました。  こんなところで昔習った数学の知識が役立つとは。。。  「3Dゲームが作れるぞ」と動機付けされていたら、もっと数学や物理をまじめに勉強してたかもしれません。

参考にしたサイト
カメラ視点について参考にしたサイト
三角関数について参考にしたサイト

← →またはA、Dで方向決定、↑またはWで前進、↓またはSで後退
VボタンでY軸に沿ってカメラ視点を変更 Vボタンを押し続けると元の視点に戻ります

Papervision3DTest07 :操作オブジェクトを追尾するカメラ - wonderfl build flash online


Wonderfl実験6 - 2009.03.23 Mon

 今回のWonderf実験では、← →(またはA、D)キーで進行方向を決定して↑ ↓(またはW、S)キーで前進後退をする機能をつけました。  わかりやすい?ようにArrowという3D矢印を操作対象の3Dオブジェクトとしました。  矢印だから方向が単純にわかりやすかと。。。  3Dゲームなんかの操作感覚なんかには今までのものよりこちらのほうが近いと自分は思うのですが、どうでしょう?

Papervision3DTest06 :← →で方向指定、↑ ↓で前進後退のテスト - wonderfl build flash online


Wonderfl実験5 - 2009.03.19 Thu

 前回のWonderfl実験にさらに手を加えて操作できるオブジェクトを人型っぽくしてみました。  あと操作オブジェクトを動かすと視点も変わるように変更しました。  半透明機能を試すためにクリスタルを半透明にしてみましたが、あんまり意味ないです。。。  クリスタル取得時に効果音がでるようにもしてみました。
 操作オブジェクトが歩いているように見せるためだけの機能にもいまだ到達できず。。。  3D難しいな。。。
Papervision3DTest05 - wonderfl build flash online


Wonderfl実験4 - 2009.03.18 Wed

 Wonderfl実験その4です。  前回の実験に手を加えました。  画面上に置かれたオブジェクトを操作・移動させて、紫色のクリスタルもどき2つを取れば(触れば)クリアとなるコードにしました。  クリスタルもどきを1つ取るごとに100ポイント加算されて左上に表示されます。  クリスタルもどきを2つ取得すると「YOU CLEARED!!!」と表示されてキー入力はそれ以上できなくなります。  プログラム的には3Dオブジェクト同士のあたり判定機能を試してみたかったので作成しました。

Papervision3DTest04 - wonderfl build flash online


積読 - 2009.03.16 Mon

 簿記の勉強をして、「経済学を学ぶ」「マクロ経済学を学ぶ」「金融入門」「国際金融入門」といった新書を読んだ上で、さらに日経新聞なんかで経済・金融についての記事なんかを読み続けてみました。  
 ですが、最近のITバブルやサブプライムバブルからの金融危機や、簿記の原価計算から原価削れば企業の利益アップで、ひいては経済学的にも国のGDP(GNP)もアップだから人件費カット・リストラしまくりオールOK、といったことが疑わしいと思うことがあります。  
 人件費カットで住民が貧しくなればなるほどその国のGDP・経済成長率がアップ?  バブルの演出がなければもう先進国は立ち行かない?  そもそも先進国はもうこれ以上たいして成長できないのでは?  資本が世界中うろついて株の配当や債務の利息の要求はどんどん増えているのでは?  デフレの物価安や配当・利息でウハウハと思っていたら、巡り巡って自分の首をしめているのでは?  などと思うこともあります。

 で、自分のそんな経済成長前提の意識への中和剤的な知識がつきそうな本を2冊ほど備忘録的に記録しておきます。

 まずは「エンデの遺言」です。  ファンタジー作家の著者がお金についていろいろと考察している内容のようです。  昔NHKで作られた番組を本にまとめて再出版してもののようです。  成長を強要する金利についての考察や、それに対抗するための地域通貨制度についての内容です。  あと、価値が減っていく通貨についても(マイナス金利?)出ていました。  現在はまだ立ち読み中です。。。  前書きの、ITを駆使したグローバル金融資本が世界中の市場で暴れまわる的な話が1997年の話だけど、本質的な部分で最近のサブプライムローンのことと変わらないように感じました。

 もう一冊の「金融の仕組みはすべてロスチャイルドが作った」も面白そうでした。  ちょっとタイトルが陰謀論っぽくて胡散臭そうでしたが、最初のページのほうに上記「エンデの遺言」に触発された旨かかれていたのでちょっと読んでみることにしました。  立ち読みですが。。。  まだ導入部読んだだけですが、銀行や金利のなりたちについてサクッと説明されているがよかったです。  そしてこれから著者のいう支配者たちの金融による支配システムについての記述がでてくる?  最後のほうでエネルギー問題なんかもあつかっているのも面白そう。  金融的な問題解決はこちらも地域通貨でしょうか?  著者の別の新書「日本人が知らない恐るべき真実 ~マネーがわかれば世界がわかる~」も近くにあったのでそれも今後チェックしてみたいです。

 「エンデの遺言」、「金融の仕組みはすべてロスチャイルドが作った」のどちらもまだ買ってはいませんがいずれ読む時間できれば買って本格的に読みたい。

 あと「エンデの遺言」読んでいるとき、そんなにITのせいでグローバルな金融になったのなら、もっと突き抜けて1円からITを駆使してお金に色をつけてみてはと思ったりしました。  全てのお金の受け渡し履歴をITで記録しておいて、個人の好き嫌いで悪徳高利貸しで儲けた金は10分の1扱いにできるとか。。。  でもこれも突き詰めると地域通貨と同じ考えになりそうで、考えても無駄なので考えるのをやめた(カーズ風)。。。

参考リンク
エンデの遺言
反ロスチャイルド同盟

ハッカーセブンダクサパクス - 2009.03.15 Sun

 最近よくActionscript3.0の実験をしている「Wonderfl」。  そこでのログイン用として適当に割り振られたログイン名「hacker_7daxapax」をよく見たら、このブログエントリのタイトル名にあるように読めることに気づきました。  「ハッカーセブンダクサパクス」の他にも「ハッカーセブンダクザパクス」、「パクス」の部分を「パックス」にすれば「ハッカーセブンダクサパックス」または「ハッカーセブンダクザパックス」とも読めそうです。  
 
 特に意味はないですが、すごそうな響きのある名前として読めないものかいろいろ考えていて面白かったのでこのブログエントリ作ってみました。

参考リンク
Wonderfl実験
Wonderfl実験2
Wonderfl実験3

Wonderfl実験3 - 2009.03.14 Sat

 Wonderflの実験その3です。  立方体を←↑→↓ボタン、またはA、W、D、Xボタンで移動させることができます。  足場になっているワイヤーフレームの板には最初色をつけていましたが、色をつけるとなぜか立方体と板の表示がごちゃまぜになる場合があったのでやめました。  ごちゃまぜの原因はz-sortの機能がうんたらかんたらとネット上では見かけましたが、自分には解決策がよくわからなかったので今回はパスしてフレームワーク表示としました。  あと、Vボタンを押すとカメラの視点も変更できます。 その後さらにVボタンを押していくと元の視点に戻ります。

Papervision3DTest03 - wonderfl build flash online


以前のWonderfl実験についてのブログエントリ
Wonderfl実験
Wonderfl実験2

Wonderfl実験2 - 2009.03.11 Wed

 Wonderflの実験その2です。  前回のWonderfl実験エントリで作った単純な3Dを見ているとゼビウスのバキュラを思い出したので、256回攻撃すればクリアとなるコードを作ってみました。  マウスで攻撃対象となるバキュラ?に座標をあわせてA、S、Dいずれかのボタンを押せば攻撃したことになります。  あと残り何回攻撃が必要か左側にテキストとして出てきます。  実際のところマウスを真ん中辺りにおいてボタン押しっぱなしにしているとクリアします。。。  クリア時も「YOU CLEARED!!!」とテキストが表示されるだけです。  本当はもっと改良: 音が出る、経過時間表示、攻撃のための座標計算をより正確にする、等行いたかったですが途中で力尽きました。。。

Papervision3DTest02 - wonderfl build flash online


国外の決済サービスいろいろ2 - 2009.03.11 Wed

 前回ブログの続きです。
 Amazonの決済サービスについてついさっき知ったのでついでに。  最近、Amazonがかなり自由な決済サービスの開発ができそうなAPIサービスの公開を始めたようです。  面白そうです。  どのようなことができるのか調べてみるつもりです。  日本からも利用できるのかな~?  ネット上最大小売店での決済の実績に裏打ちされているサービスなので、どのようなサービスが提供されているのか興味深いです。

参考リンク
Amazon、決済サービスを構築できるAPIを正式公開
米Amazonの決済サービスを利用できる柔軟なAPI公開
正式サービスインの『Amazon FPS』 日本の課金システムをどう塗り替えるか?

国外の決済サービスいろいろ - 2009.03.11 Wed

 日本以外の国ではネット上の決済サービスにいろいろな種類があるようなので備忘録的に書いておきます。

PayPal : アメリカでよく使われている決済サービス。  SOHOや小規模事業者が多い?  アメリカ最大のネットオークションサイトeBayが親会社。  日本でいうYahooウォレットみたいな位置づけでしょうか。  ちなみにYoutube創業者は元PayPal社員らしいです。

PayPal英語サイト
PayPal日本語サイト
PayPal - Wikipedia

以下の3つはPayPalに比べて大規模店舗に使用されている決済サービスのようです。  詳しくは参考にさせてもらったこちらのサイトさんへ。  3つとも英語サイトです。
eBillme
PaidByCash
Bill Me Later

携帯電話のための決済サービス。  全て英語サイトです。
Billing Revolution
Zong
Mobillcash
Paymo
参考リンク
Billing Revolution―ワンクリックで携帯通版を可能にする支払サービスをローンチ
Paymoがhi5と提携したので仮想グッズをケータイから買えます
ソーシャルネットワークでのモバイルペイメント採用増加。超高額手数料はどうなる?

Saas用決済サービス。 同じく英語サイトです。
Zuora
Vindicia
参考サイト
SaaS(Software-as-a-Service)の普及&新たなオンライン決済サービスの登場
Benioff「Zuoraはオンライン決済のSalesforceを目指す」
Facebookアプリケーションに利用料徴収サービスを提供するZuora

 日本いても使いやすそうな決済サービスはないかといろいろ調べてみました。  が、モバイルやSaasの決済サービスがSNSの決済サービスも始めたりと、どのサイトでどんなサービスが提供されているのかこんがらがってきました。  今後ゆっくりとサービスの詳細な内容のほうも調べてみたいと思います。  今回はとりあえず一覧ということで。。。

アウトソーシング受発注サイト - 2009.03.11 Wed

 前にブログに書いていた「Elance」や「oDesk」といったサイト以外にもアウトソーシング受発注のためのサイトを見かけたので備忘録的に記録しておきます。

まずとりあえず
Elance
oDesk
上記2サイトとも幅広い仕事のアウトソーシング受発注ができるようです。

Guru : 上記2サイトのように多種類の仕事のアウトソーシング受発注が行えるようです。
Rent A Coder : ソフトウェア開発専門のアウトソーシング受発注サイトのようです。
ProZ : 翻訳専門のアウトソーシング受発注サイトのようです。

アメリカにはアウトソーシングサイトにしてもこうゆうふうに(競争による?)選択肢がいろいろあってうらやましいと少し思いました。  アメリカ競争社会のいい部分???
oDeskのテストなど今度試してみようかな~。

Wonderfl実験 - 2009.03.07 Sat

 前にこのブログエントリで使ってみたいと書いていた「Wonderfl」というサイトを実際に試してみました。  やはり開発のために何の設定も行わなくていいというのは快適。  最初のテストとしてActionscript言語で2つほどコードを書いてみました。  文字列表示だけのコードは簡単に実行までできましたが、簡単な3D表示のためのコードはライブラリが少し変わったようで実行までになかなかてこずりました。

以下、その2コードの実行ファイルを「Wonderfl」から埋め込んだものです。

文字列表示のほうです
FlashTest - wonderfl build flash online


3D表示のほうです
flash on 2009-3-7 - wonderfl build flash online


牌を2つそろえるだけのゲーム - 2009.03.01 Sun

 暇つぶしにと見つけた、同じ種類の牌のペアを見つけていくゲームです。  単純ですがプレイし始めるとけっこう長々とプレイしてしまいます。  下記2種類のゲームのどちらもフリーでブラウザだけでプレイできます。  登録なども特に必要ないようです。

上海

四川省

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。