topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積読 - 2009.03.16 Mon

 簿記の勉強をして、「経済学を学ぶ」「マクロ経済学を学ぶ」「金融入門」「国際金融入門」といった新書を読んだ上で、さらに日経新聞なんかで経済・金融についての記事なんかを読み続けてみました。  
 ですが、最近のITバブルやサブプライムバブルからの金融危機や、簿記の原価計算から原価削れば企業の利益アップで、ひいては経済学的にも国のGDP(GNP)もアップだから人件費カット・リストラしまくりオールOK、といったことが疑わしいと思うことがあります。  
 人件費カットで住民が貧しくなればなるほどその国のGDP・経済成長率がアップ?  バブルの演出がなければもう先進国は立ち行かない?  そもそも先進国はもうこれ以上たいして成長できないのでは?  資本が世界中うろついて株の配当や債務の利息の要求はどんどん増えているのでは?  デフレの物価安や配当・利息でウハウハと思っていたら、巡り巡って自分の首をしめているのでは?  などと思うこともあります。

 で、自分のそんな経済成長前提の意識への中和剤的な知識がつきそうな本を2冊ほど備忘録的に記録しておきます。

 まずは「エンデの遺言」です。  ファンタジー作家の著者がお金についていろいろと考察している内容のようです。  昔NHKで作られた番組を本にまとめて再出版してもののようです。  成長を強要する金利についての考察や、それに対抗するための地域通貨制度についての内容です。  あと、価値が減っていく通貨についても(マイナス金利?)出ていました。  現在はまだ立ち読み中です。。。  前書きの、ITを駆使したグローバル金融資本が世界中の市場で暴れまわる的な話が1997年の話だけど、本質的な部分で最近のサブプライムローンのことと変わらないように感じました。

 もう一冊の「金融の仕組みはすべてロスチャイルドが作った」も面白そうでした。  ちょっとタイトルが陰謀論っぽくて胡散臭そうでしたが、最初のページのほうに上記「エンデの遺言」に触発された旨かかれていたのでちょっと読んでみることにしました。  立ち読みですが。。。  まだ導入部読んだだけですが、銀行や金利のなりたちについてサクッと説明されているがよかったです。  そしてこれから著者のいう支配者たちの金融による支配システムについての記述がでてくる?  最後のほうでエネルギー問題なんかもあつかっているのも面白そう。  金融的な問題解決はこちらも地域通貨でしょうか?  著者の別の新書「日本人が知らない恐るべき真実 ~マネーがわかれば世界がわかる~」も近くにあったのでそれも今後チェックしてみたいです。

 「エンデの遺言」、「金融の仕組みはすべてロスチャイルドが作った」のどちらもまだ買ってはいませんがいずれ読む時間できれば買って本格的に読みたい。

 あと「エンデの遺言」読んでいるとき、そんなにITのせいでグローバルな金融になったのなら、もっと突き抜けて1円からITを駆使してお金に色をつけてみてはと思ったりしました。  全てのお金の受け渡し履歴をITで記録しておいて、個人の好き嫌いで悪徳高利貸しで儲けた金は10分の1扱いにできるとか。。。  でもこれも突き詰めると地域通貨と同じ考えになりそうで、考えても無駄なので考えるのをやめた(カーズ風)。。。

参考リンク
エンデの遺言
反ロスチャイルド同盟
スポンサーサイト

カヤック本 - 2009.02.18 Wed

 本屋で「ウェブで一発当てる方法―スマッシュコンテンツ成功の法則」という本を見かけました。  タイトルが思いっきりストレートです。。。  ちょくちょく噂を聞く面白法人カヤックという会社からでているようです。  パラパラと本屋で中身を見た程度ですが、人気サイト製作者・運営者のインタビューなどがあり面白そうでした。  もちろんいろいろなサイトの紹介もありました。  まぁ、本当にこの本だけで簡単に1発あたるということはないと思いますが、パッと見た感じの内容は装丁と同じようにゴチャゴチャと情報が詰まってそうな自分好みの本でした。  

 本格的に読んでみようかなと思いましたが、値段が高いので立ち読みになるかも。。。

 今現在、自分はこの本の著者面白法人カヤックによるWonderflというサイトに興味津々です。  そのサイトではActionscript3.0というFlash用言語のプログラミングとその実行がネット上でできてしまう(←本来は自分のPCにいろいろ設定が必要)。  Actionscript3.0に興味ある自分としては試さずには居られない。。。

面白法人カヤック - あなたは会社を愛していますか? 俺は、愛してるいるぞ
wonderfl

政治の本 - 2009.02.17 Tue

 「日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ」と「自民党政治の終わり」を読みました。  これまで自分には全くわからななかった政治への入門的理解ができたと思います。  片方は「自民党政治の終わり」というタイトルですが、終わろうとしている自民党のシステムの説明が大部分なので、
「日本の統治構造。。。」と同じように日本の政治システムについて説明しています。
 
 業界団体や支持団体から監督官庁に要望があがり、官僚が自民党とやりとりしながら政策のための法案や予算を作っていくこと。  その場合に内閣府法制局で法案のつじつま、財務省主計局で予算のつじつまをあわせること。  そんなわけで官僚と近しい場合や業界団体のいいポジションにいるほうがなにかと有利になっていること。  あと、「自民党政治の終わり」では小泉純一郎&小沢一郎のやってきたこと、やろうとしていることなども出ていました。  また、これまで全然イメージがわかなかった自民党政調会や総務会の機能ついてもある程度イメージできるようになりました。

 そして自民党内もかなり当選回数による年功序列だったりしていたようです。  故に地盤・看板・カバンを引き継ぎ早くに当選できる2世(以上)のほうが有利になってしまうとか。

 いろいろ問題ありまくりですが、どちらの本も小選挙区制による2大政党制をなんとな~く微妙ににおわせる感じで終わってました。  また、今後フェアな競争促進のために官僚を制限するにしても、その後の専門的な官僚機能の代替はかなり大変そうだな~と自分は感じました。  今後は政治家さんがかな~り鋭意努力?または善処?してくれることを期待します。  と書いていたら、さっそく財務・金融大臣が。。。

 ↑*注 上記2冊の本はかなり前に読んだので、けっこうあやふやな記憶もあります。

 この2冊に高校社会の政治・経済の参考書等を加えて表向き?の政治制度も知ればより理解が深まるかと思いました。  さらについでに歴史の参考書をみればその由来もわかるかと思います(特に英国あたり)。

経済・金融の新書 - 2008.07.21 Mon

 「国際金融入門」を読み終えました。 これで自分の目標にしていた岩田規久男氏の4部作、

・経済学を学ぶ
・マクロ経済学を学ぶ 
・金融入門
・国際金融入門

を読み終えたことになります。 ミクロ・マクロ経済と国内・国際金融について新書でお安くお勉強です。 難しくて少々読むのに時間はかかりましたが。。。 読み返しながら自分のサイトにでもまとめていきたいと思います。 
 4冊の中には何度か同じ「風が吹けば桶屋が儲かる」理論がでてきますが、何度も出てくるものは重要であると認識でき、かつ繰り返し学習できる感じです。 まとめ時にそのあたりを抽出できたらなぁ、と思います。
 しばらくは自分の経済・金融ついての骨格となる知識はこの4冊からのものになりそうです。

上記4冊読書中の間に野口旭氏の以下の新書も補足的に読みました。
・ゼロからわかる経済の基本
・グローバル経済を学ぶ
「グローバル経済を学ぶ」の中の経常収支・資本収支の説明についてはよくわかりませんでしたが、ほかはまぁ理解できたかなという感じ。 経常収支・資本収支については「国際金融入門」のほうがわかりやすかった。

 今後は時間があれば、より実践的な金融について藤巻健史著「藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義」を読む予定です。 ←タイトルだけから判断したわけじゃないっす、念のため。。。

以下のような新書にも興味あります。 が、読む時間がない。。。 備忘録的に残しておきます。 既に以下の何冊か積読になってます。。。

有名経済学者さんについて
・アダム・スミス―「道徳感情論」と「国富論」の世界
・ケインズ―時代と経済学

また岩田規久男氏の新書ですが、より実際の史実・現実に沿っての経済学のようです
・「小さな政府」を問いなおす
・日本経済を学ぶ

あとは岩波の反資本主義的な金融権力や格差についての新書、格差社会で流行のマルクスについての新書も読んでみたい気がします。 

ルービン、フリードマン、グリーンスパンといった人たちに関連したハードカバー中心のお高い本も文庫などになって安くならないかなぁ。。。 まだまだ先かなぁ。。。  

ナビゲータ日本史B 3&4 近現代史 - 2008.05.07 Wed

 今日で昨日のブログに書いていた本を読み終わりました。 読んだのはナビゲータ日本史Bの3と4、日本の近現代史についての参考書です。 最近は自分が高校で日本史をとったころとは違い近現代史重視という話を聞きましたが、約150年だけで日本史の半分を占める構成とは。。。 第二次大戦後の出来事については足りない感じがしましたが、それは(すでに読んだ)現代社会と政治・経済の参考書で埋め合わせできそうです。

 今回歴史の本をいろいろ読んだそもそもの目的、金融・経済の理解に役立ちそうな部分も予想していたより多く自分としては納得できる読書となりました。 歴史だけに限らず現代社会や政治・経済も、自分の高校時代より経済関連の詳しい説明がかなり増えているようです。 それとも参考書だから? 自分が高校時代勉強してなかっただけ? 

 今後は当初の目的通り、金融・経済関連の本を読んでいく予定です。 専門的な本を買うお金も読む時間もないので、新書だけでなんとかやりくりするつもりです。。。 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

ブログ内検索

プロフィール

siouxcitizen

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。